6.19[Fri.]JavaLab 配信ライブ

6月
19 Fri 2020
ライブ

JavaLab

アコーディオン:佐藤芳明
バンドネオン:早川純・鈴木崇朗

似て非なるアコーディオンとバンドネオンの、それぞれの良さとアンサンブルの面白さを探る実験の場として、2011年頃から活動を開始しライブを重ねる。メンバーの海外修行を期に数年間中断するも、2019年に活動を再開。
タンゴだけに留まらず様々なスタイルの音楽を、第一線で活躍するメンバー各々がこの編成の為にアレンジし、二種三様の蛇腹から個性的な響きを生み出す。

チケットの購入

佐藤芳明
国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。
卒業後渡仏、C.I.M.Ecole de Jazzにてアコーディオニスト・Daniel Milleに師事。
既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドで、ライブ、レコーディング、アーティストサポート、舞台音楽など、様々な現場で数多くの仕事をこなし、国内外を問わず、ジャンルを越えて幅広く活動。

早川純(バンドネオン)
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。ジェヌビリエ音楽院ジャズDEMを満場一致の一位で取得。「菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール」への参加の他、「Tango-jack」、「HAYAKAWA TERUGGI TRIO」、「ABIERTO」 等、自身も様々なプロジェクトを主宰する。2013年、ドイツのクリンゲンタールで行われた国際バンドネオン・コンクールでの優勝を機に渡仏。J.J.モサリーニ氏にバンドネオンを師事した。同時にパリを拠点として、ヨーロッパ各地で精力的に演奏活動を展開。2018年より、バンドネオンソロ・プロジェクトを開始。2019年3月にはヨーロッパ5箇所での公演を行い、タンゴの枠を越えた多様なレパートリーと、ライブ感溢れる変化に富んだ演奏で好評を博した。現在は日本を拠点として、演奏家・作曲家として、バンドネオン、そしてタンゴの可能性を独自のスタイルで追求している。
http://hayakawajun.com

鈴木崇朗(スズキ タカトキ)
札幌生まれ。2001年よりバンドネオンを小松亮太氏に師事。
2005年には小松亮太&オルケスタティピカのメンバーとして南米ツアーに参加し、ペルー、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルで公演。
同年、単身アルゼンチンに留学し、バンドネオンをオスバルド・ モンテス氏に師事。
また、小松真知子&タンゴクリスタルのメンバーとしてアルゼンチン・サン・ルイス州で行われた国際タンゴフェスティバルに参加。
2007、2008年にはアルゼンチンに留学し、
バンドネオンをフリオ・パネ氏、ネストル・マルコーニ氏に師事。
2009年には2×4Tokioのメ ンバーとしてアルゼンチン・バリローチェで行われた世界タンゴサミットに参加。また、Bar Sur、Biblioteca Nacionalでのリサイタルに参加。
2010年にはオルケスタ・アウロラのメンバーとしてアルゼンチンブエノスアイレスでのレコーディング、ブエノスアイレス・タンゴフェスティバルでの演奏、ウルグアイモンテビデオでの演奏に参加。
2014年、2015年とアンドレス・リネツキー楽団のメンバーとして国内ツアーに参加。
日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナ』(2016年)、『今からあなたを脅迫します』(2017年)、『家売るオンナの逆襲』(2019年)、フジテレビ系連続ドラマ『 10の秘密』(2020年)ではメインテーマ、劇中曲の演奏に参加。また、テレビ朝日系アニメ『キラキラ☆プリキュアアラ
モード』(2017~2018年)、TOKYO MXほかで放送『ボールルームへようこそ』(2017年)、『ハクメイとミコチ』(2018年)等では劇中音楽の演奏に参加。
これまでに、あがた森魚、大貫妙子、坂本美雨、渡辺えり、姿月あさと、川井郁子等と共演。現在国内外でのコンサート、レコーディング等で活動中。自身のグループ、鈴木崇朗cuartetoを主宰し、また、小松真知子&タンゴクリスタル、オルケスタ・アウロラ等で活動中。